平成30年「長崎くんち」・出演する踊町と演(だ)し物の紹介

 ※ 384年の歴史を有する長崎の秋の大祭

  ◆ くんち事始め

◇ 諏訪神社の大祭の最初は寛永11年(1634)であった。
  寛永11年(1634)に、当時の太夫町(後に丸山町と寄合町になる)の高尾・音羽の両人が、諏訪神社前に謡曲「小舞」を奉納したのが「長崎くんち」の始まりと言われています。
◇ くんちの語源
  重陽の節、菊の節句の9月9日の「くにち」が「くんち」となったとの説が一般のようです。
◇ 国指定重要無形民俗文化財(昭和54年2月3日指定)
  長崎くんちの奉納踊りは毎年、10月7日から3日間、長崎市の諏訪神社の秋祭に奉納されるもので、奉納踊りに参加する踊町はそれぞれ永い伝統により趣向をこらした傘鉾をはじめ様々な芸能が伝承されており、長崎独特の文化的伝統を伝えるものとして重要な意義を持っています。

  ● 平成30年度・奉納踊町(おどりちょう)七ヵ町と演し物

踊町とは、その年に奉納踊を披露する当番の町を踊町と言います。現在、長崎市内に全部で59カ町存在し、7つの組に分けられています。当番は7年一巡となっており、長崎くんちの演し物を全てを観るには7年間踊場に通いつめなければなりません。

   今年は七ヵ町が出演します。(右から清祓の順番で掲載 )
      出演する踊町と演(だ)し物の紹介

※ 七 年に一度巡って来る長崎くんちの踊町。
   今年は七ヵ町が出演します。

  小 川  町(こがわまち)      傘鉾(かさぼこ) ・ 唐子獅子踊(からこししおどり)
  大 黒  町(だいこくまち)     傘鉾(かさぼこ) ・ 唐人船(とうじんぶね)
  樺 島  町(かばしままち)     傘鉾(かさぼこ) ・ 太鼓山 たいこやま(コッコデショ)
  出 島  町(でじままち)      傘鉾(かさぼこ) ・ 阿蘭陀船(おらんだぶね)
  本古川町(もとふるかわまち)   傘鉾(かさぼこ) ・ 御座船(ござぶね)
  東古川町(ひがしふるかわまち)  傘鉾(かさぼこ) ・ 川船(かわふね)
  紺 屋  町(こうやまち)      傘鉾(かさぼこ) ・ 本踊(ほんおどり)
   ※清祓の順番で掲載

  ● 今後のおもなスケジュール

◇ 6月1日小屋入り(こやいり)
 (清祓い午前8時開始)
  踊町の世話役や出演者が、諏訪・八坂の両神社神前で清祓を受けて大役の無事達成を祈願し、この日から演し物の練習に入ります。
 打ち込み(うちこみ)
  夕刻より踊町の役員などが、他の踊町や年番町、関係先などにシャギリを伴って、あいさつ回りを行ないます。
◇ くんち稽古
  7月下旬学校が夏休みに入ってから各踊町は本格的な稽古を開始します。
  8月下旬踊町激励訪問(夕方~)
◇ 10月3日庭見世(にわみせ)
 (各踊町にて夕方より)
  各踊町の家々では、表格子をはずし木戸口を開放するなどして、家の中や庭園を道行く人に見せます。また、表通りに面した店舗などには、傘鉾をはじめ演し物の曳物、本番に使用する衣装・小道具・楽器などを分散して飾る他、出演者に贈られたお祝い品も、ところ狭しと並べられてご披露されます。
◇ 10月4日人数揃(にいぞろい)
 (各踊町にて午後より)
  演し物が立派に仕上がったことを、その町内の数ヵ所で本番と同様の衣装でご披露します。
◇ 10月7日前日(まえび)長崎くんち本番
 【午前7時 奉納踊開始】奉納踊終了後、庭先回り
  午後1時、お下り後に続いて傘鉾パレードが予定されています。
  ※お下り 諏訪神社の本宮からお旅所の仮宮まで、諏訪・住吉・森崎の三基の御神輿が下ります。
◇ 10月8日中日(なかび)
  午前7時 奉納踊開始 → 奉納踊終了後、庭先回り
◇ 10月9日後日(あとび)
  午前7時 奉納踊開始 → 奉納踊終了後、庭先回り
  午後1時、お上り (お旅所仮宮~本宮へ)
  ※お上り お旅所の仮宮から諏訪神社の本宮へ、三基の御神輿がもどります。
  県庁坂や諏訪神社の石段を一気に駆け上がるその姿は迫力があり、くんちのフィナーレを勇壮に飾ります。

  ●小 川  町(こがわまち)

※ <町名の由来>

※ <傘  鉾>
飾(ダシ)

垂模様  
※ <演し物>
唐子獅子踊(からこししおどり)

  ● 大 黒  町(だいこくまち)

※ <町名の由来>

※ <傘  鉾>
飾(ダシ)

    br> 垂模様  
※ <演し物>
唐人船(とうじんぶね)

  ● 樺 島  町(かばしままち)

※ <町名の由来>

※ <傘  鉾>
飾(ダシ)

垂模様  
※ <演し物>
太鼓山 たいこやま(コッコデショ)

  ● 出 島  町(でじままち)

※ <町名の由来>

※ <傘  鉾>
飾(ダシ)

垂模様  
※ <演し物>
阿蘭陀船(おらんだぶね)

  ● 本古川町(もとふるかわまち)

※ <町名の由来>

※ <傘  鉾>
飾(ダシ)

垂模様  
※ <演し物>
御座船(ござぶね)

  ● 東古川町(ひがしふるかわまち)

※ <町名の由来>

※ <傘  鉾>
飾(ダシ)

垂模様  
※ <演し物>
川船(かわふね)

  ● 紺 屋  町(こうやまち)

※ <町名の由来>

※ <傘  鉾>
飾(ダシ)

垂模様  
※ <演し物>
本踊(ほんおどり)

    日比谷花壇_母の日特集_フラワーギフト
    日比谷花壇_父の日ギフト特集